スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【12回】

2011、5、28

今年も12回目のアートフレンズ展が開催しました。
この日を迎えるまでそれぞれが様々な思いで迎えたことと思います。
なぜなら3月11日に東日本に大震災がおきてからというもの、日本中が落ちつかない日々を過ごしてきました。

3月中旬から、余震の影響で計画停電が施行され電車の運行がストップするなどしました。
いつもならこの頃から、制作を始めていたのに、すっかり計画だおれ。
ボランティアさんの出入りのない病棟は被災はしないまでも私たちの生活もまた不自由を感じていました。

5月に入りようやく生活も安定してきましたがアートフレンズ展〆切りまで後2週間。
ほとんど制作時間がありませんでした。それでもボランティアさんが来てくださり、ようやく去年から描き続けていた作品を仕上げ出品することが出来ました。

共同制作はどの病棟も力作ぞろいでグループワークの時間に介助員さんと手がけたあざやかな壁画やゲーム感覚で楽しめる作品も出されました。また、私の病棟では患者さんの絵の原画を元に、粘土や水彩を使って壁画「夢みるバラ」を作成しました。そのことがきっかけとなり次々と作品へ取り組む意欲が出、その行為がご両親やボランティアさんを動かし、呼吸器を付けながら、頑張って展示会を見に行ってくることができました。

些細なことかも知れませんが「もの作り」には不思議な力があり、そこに「生きる力」が生まれるのだと実感しました。

この度の地震での心配もありましたが、無事故で参加出来ましたこと、皆様のご協力に心から感謝の気持ちでいっぱいです。
スポンサーサイト

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

misako.k

Author:misako.k
進行性筋ジストロフィーのため、入院生活を続けながら、約20年、絵に取り組み、定期的に個展も開催。手を上げるのも不自由、絵筆を持つのも体力がいるが、ボランティアに助けられ、1メートル以上の長い棒の先に筆をとりつけ150号以上の大作も仕上げてきた。現在は呼吸や弱視も弱いため中作品以下が多いが、ブログやホームページを通して交流を広げたいと意欲を燃やしている。妹(越川清美)はCG作品や手芸が得意。筋ジストロフィーで一緒に病院で暮らし、毎年障害者絵画展に出品している。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。