スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸木美術館(東松山市)

10月7日(水)、この日は ずっと行きたかった丸木美術館(東松山市)に行けることとなった。
かつて、24歳の時。病棟の同級生と24歳のボランティアさん達が集まって広島に旅行した。原爆ドームを見て、原爆資料館も見学した。本当は式典にも参列したいと思っての計画だったが、安全を考え、式典を取り止めての旅行となった。
フラッシュバックするようにその頃のことがよみがえってきた。
何故今、『原爆図がみたい 』のか。偶然ではない何かに導かれるように、次々と実現の運びとなった。
この日を迎える前に井伏鱒二の『黒い雨』を拝聴した。(点字図書館朗読テープ)
言葉では語りきれない情景。私の中で、創造が膨らんだ。

塩さんと和くんはこの日の為に下見までしてくれてて、塩さんの低い声が、私を館内に誘導し説明してくれた。
丘高い所にあったその建物は水色で、青い空に白い鳩の焼き物が壁にはめ込まれていた。右手奥には集会場。手前には原爆菩薩堂。どこかの中学生が折ったであろう千羽鶴。
無縁仏のような、素朴な石仏が祀ってあった。
夫婦でゆっくりと腰をおろし、夕陽を見ながら目の前の下を流れる川に目をやり、赤トンボが飛んでいく山間を幾度と見ていたに違いない。何とも心落ち着く場所だった。
その日もどこからか蝶々が飛んできた。秋晴れの、ほんのひとコマだった。

丸木位里丸木俊夫妻は、もうこの世にはいない。
原爆図を守っている事務長さんが出迎えてくれた。
手前の部屋には丸木スマさんお母さまの晩年に描かれた作品があった。遊びながら描いたというなんとも微笑ましい動物達の絵が飾られていて、とても色彩が豊かでお母様の優しさが溢れている絵だった。
次の部屋に、夫の丸木位里さんの水墨で描かれている屏風絵があり、牛がお好きなようで、何点も描かれてあった。
そして一番奥には2人の合作とも思われる『アウシュビッツ』『水俣病』『南京虐殺』など。奥さんが人物を描き、その上から夫の位里さんが墨を流し込み、全体の情感を表現している。

所々に血の赤なのか、それとも炎の赤か。その赤が画面の調和を一層殺戮の残虐さをあらわしていた。
このような手法で2人の大作、後世に残すべき『原爆図』が完成された。
丸木位里さんが広島県出身で、原爆が投下されて一週間後に広島に入った。その現場を目の当たりにし、1ヶ月後、妻の俊さんも広島に行く。
その時既に、位里さんは被爆していた。
命の炎が無くなるその日まで、あってはならない『戦争』か2人の絵のテーマとなった。
私は、その絵を生で見たいと思っていた。

でも今回、その絵をみることが出来なかった。
その絵は2階に展示されていて、その2階に続く「階段」を、私は下から見上げていた。この階段の向こうには、原爆で逃げ惑う人々の姿をとらえた絵がある。
1階に、西陣織りで寄贈された原爆図らしい織り絵があったが、そこにはきのこ雲と原爆ドーム、人間の逃げ惑う姿が描かれていた。
塩さんから、位里さんの絵には具体的な、きのこ雲もドームもない。と聞かされ、私は益々、丸木夫妻の絵のとらえ方の素晴らしさを実感した。

『人間』を描きたい。
広島とか、水俣だからでもない。
『人間の苦悩』『戦争の残酷さ』
それを表現したかったのではないかと。
いつか、この目で見られるその日まで、私は頑張りたい。
もっと、日本人として、どうあるべきかを心の奥に留めておきたいと思った。
以前より出かけることが困難になったけれど
車に揺られ、私は
千代ちゃん、ナミちゃん、和くん、皆が居てくれる安心からか車にゆられながら眠り込んでしました。本当にありがとう
もう二人。高坂Pで浅さん夫妻と合流し、6年振りの再会を果たした。
いつまでも変わらないエミちゃんだった
ご主人も写真を撮る時『はいチーズ』が『はいいってらっしゃい』と、なかなかユーモアの人物だった。

エミちゃんが車中で、『私の施設の利用者さんに90近いおはあさんがいて、その方は被爆者なの。』
『川を見るたび、絶対川の水は飲めない。毒だと思っていると』言っていた。その話を聞きながら、私はふと、あの美術館の前を流れる川は、広島の川に通じているんだと思った。 
スポンサーサイト
プロフィール

misako.k

Author:misako.k
進行性筋ジストロフィーのため、入院生活を続けながら、約20年、絵に取り組み、定期的に個展も開催。手を上げるのも不自由、絵筆を持つのも体力がいるが、ボランティアに助けられ、1メートル以上の長い棒の先に筆をとりつけ150号以上の大作も仕上げてきた。現在は呼吸や弱視も弱いため中作品以下が多いが、ブログやホームページを通して交流を広げたいと意欲を燃やしている。妹(越川清美)はCG作品や手芸が得意。筋ジストロフィーで一緒に病院で暮らし、毎年障害者絵画展に出品している。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。