スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【沖縄料理を食べる会】

2011年11月27日

 この日を何よりも待ち望んでいた。
母に沖縄料理を食べさせたいと思ってから数年がたった。
あの風景。あの音楽。あの味が忘れられず『沖縄料理を食べる会』を計画した。

 この日の為に横浜の鶴見区の沖縄料理店にも出かけてみたが。
四街道にほど近い、検見川近辺の『島酒すまゆくい』に決めた。そこは公園近くのショッピングセンターの一角で色々な店が長屋風に並び、その中央にあった。
 入り口にいくつかの壺が置いてあり、どこか沖縄風の趣があった。
店内に入ると右手手前が座敷で3つのちゃぶ台があった。壁にはお酒のラベルが、大なり小なりと貼られていた。
左手側には、液晶TVに沖縄のDVDが流されていて、椅子と机の2テーブルが備えつけてあった。そして
床には貝殻の入ったオブジェがはめこまれていた。壁に目をむけると、小さな額縁に懐かしい沖縄の海が写っていた。

 会は塩さんの司会で始まった。私がどんな思いでこの会を開いたのか。

『私が30代はじめ頃に具合が悪く、それ以来、旅行もせず10年ぐらいほそぼそと絵を描いていました。そんな時、信田さんからスケッチ旅行でも行ってきたらと、後押ししてくれて『沖縄』に行ってこようと計画し塩沢さんやリクリエのメンバーに付き添って行って来ることができました。

 本当なら母や妹も同行させたかったのですが、呼吸器をもっての遠出、何もかもが不安ばかりで、スケッチ旅行を兼ねてだったので私だけ行かせてもらいました。

 はじめての沖縄は、まさにTVの映像からみる風景でしたが、実際目の前にみる海・空・風・を体感し見るものすべてが感動でした。私は、この海を見ながら『お母さん出させてくれてありがとう』と心から感動しました。現地の旅行会社の仲本さんも驚くほどの晴天にめぐまれ、『美しい海だ』と言っておりました。そして、沖縄料理もどれをとってもおいしくて『母にも食べさせたいな~』と思っておりました。

 母だけでなくこの会場にいるお一人お一人が私にとって大切な方ばかりです。
夜遅くまで手伝って下さる人、絵の額を用意してくれる人、落ちこんだとき励ましてくれる人、そんな方々のおかげで沖縄の絵を仕上げてきました。

 かけがえのないボランティアさんを私は心の家族だと思っています。この絵の『楽園』のようにみなさんとこれからも歩んでいけたらと思っています。

 雨の日も風の日もあるけど皆と共に一緒ならなんとかなる。
沖縄の方言に『なんくるないさー』とありますが『なんとかなる』と思っています。みなさんと楽しく生きていきたいと思います。云々

 そんな思いがつまった会にしたく、この日のために塩さんやウィズの皆さんに何度も下見に行って下さった。そのかいもありマスターの計らいで、予算以上の店の食材を気前良く提供して下さった。メニューとしても会場設定も大満足でした。

 海ぶどうサラダ、ゴーヤのかき揚げ、ゴーヤチャンプル、ミミガーの酢の物。フーチャンプルと私の好きなソーキ煮。そしてソーキそば。デザートには、さとうきびアイス、マンゴーアイス、黒みつがかかったアイスコーヒーゼリーを食べながら中盤に差し掛かったころ。

 この会を盛大に盛り上げてくれたのは、ここの常連客である珍念さんの三線の演奏だった。演奏者は26歳のさわやかな青年であった。沖縄出身かと思いきや習志野?え~。
独特なこぶし。
沖縄の民謡から今流行の曲まで演奏してくれた。
私は耳で感じて、舌で味わい、目でその情景を思い描いて欲しくて、私はこの日のためにF30号の慶良間諸島の海を描いた。

 珍念さんの透き通る歌声はその絵の情景そのものだった。
珍念さんは私の絵を見て大変感動してくださり、私の思いが伝わったような気がした。

 母は瞼を閉じ『いい音楽だったね。料理もいい味で満足したよ。』と大変喜んでくれた。

 最後に珍念さんと森山良子の『涙そうそう』とBIGINの『島人の宝』をみんなで合唱した。

 店内は熱気に包まれ、会の記念に撮影をした。
『ハイ、チ~ズ』

FH000029_20120105184514.jpg



 みんなへの感謝の気持ちはこれからも続く。

ありがとうございました。(^o^)/~~
スポンサーサイト

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【【沖縄料理を食べる会】

2011年11月27日 この日を何よりも待ち望んでいた。母に沖縄料理を食べさせたいと思ってから数年がたった

コメントの投稿

Secre

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 初めまして。

拝見しました。頑張ってますね。これからもたくさん描いてね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

misako.k

Author:misako.k
進行性筋ジストロフィーのため、入院生活を続けながら、約20年、絵に取り組み、定期的に個展も開催。手を上げるのも不自由、絵筆を持つのも体力がいるが、ボランティアに助けられ、1メートル以上の長い棒の先に筆をとりつけ150号以上の大作も仕上げてきた。現在は呼吸や弱視も弱いため中作品以下が多いが、ブログやホームページを通して交流を広げたいと意欲を燃やしている。妹(越川清美)はCG作品や手芸が得意。筋ジストロフィーで一緒に病院で暮らし、毎年障害者絵画展に出品している。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。